アントニオ猪木の名言 (1)

アントニオ 猪木(1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。参議院院内会派「国民民主党・新緑風会」所属の参議院議員(2期)。本名:猪木 寛至(いのき かんじ)。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」。

Wikipediaでアントニオ猪木を調べる

「どん底に耐えられれば、裸になることができる。 私は、新日本プロレスを旗上げした時、 一軒一軒キップを売って歩いた。」 アントニオ猪木 #新日本プロレス #新日 #NJPW #名言
人に使われていると思うな。俺が動かしているんだという意識を持て。(アントニオ猪木) #名言 なるほどぉ・・・
人は歩みを止め、闘いを忘れたときに老いていく。(アントニオ猪木)  【名言ナビ】 http://t.co/aBySMZFAB7 … #meigen #名言
300万円を盗まれたあとで 「俺は金持ちじゃないけど、 まぁ、盗った人がそれで少しでも 懐が暖かくあるなら、 いいんじゃないですか。」 アントニオ猪木 #新日本プロレス #新日 #NJPW #名言
夢を持てば、燃えられる。燃えられれば、どん底にも耐えられる。ヘンにひねくれることもない。どん底に耐えられれば、裸になることができる。(アントニオ猪木)  【名言ナビ】 http://t.co/wxqRtwrB #meigen #名言
「こういう試合に対して怒る気持ちがあれば、プロレスブームはまた来る」アントニオ猪木 #meigen
大局を俯瞰できないようではリーダーたる資格はない。(アントニオ猪木)#meigen
自分自身をどう変革させていくか、悩み抜いて気づいていくしかない。(アントニオ猪木) #meigen
己の目標に向かって、ゼイゼイと息切れするまで突っ走ってみろ!(アントニオ猪木)#meigen
夢とかなんとかっていうのは、実現しないからこそ追い求めていく価値がある。(アントニオ猪木)#meigen
たとえ一兆円持っていたとしてもそれがどうした!(アントニオ猪木)#meigen
海の中で満足している魚には、陸に上がることを決めた魚の気持ちはわからない。(アントニオ猪木)#meigen
いくら「IT革命」と叫んだところで、一番大事なのはやっぱり健康。(アントニオ猪木)#meigen
死ぬエネルギーがあるくらいだったら、まだまだ生きられると思った。(アントニオ猪木)#meigen
俺はつねに、夢がなければ生きていけない人間だ。だから、もしそこに夢がなければ夢を作って生きてきた。 アントニオ猪木 http://t.co/PbULJKLR #meigen